• 自然葬の意味とメリット

    自然葬とは、樹木葬やハーブなどの草花の下に埋める樹木葬の一種や海や山、宇宙への散骨など、墓石を建てずに死者を弔う方法です。



    火葬をするところまでは義務付けられていますので、昔のように土葬にすることはできませんが、故人の生前の意志で選択することのできる葬儀です。


    自然葬は特にお墓を持たないため費用が墓石を建てる方法より格段に安く済みます。

    宗派、宗教を問いませんので、どなたでも選択することが出来ます。また、ペットと一緒に弔ってもらう事も出来る場所もありますので家族の一員と一緒に安らかに眠ることが出来ます。

    永代供養をしてくださるところがほとんどですので安心です。



    墓石がないからお墓参りに行きにくく感じるかと思いますが、すくすくと育っていく樹木や草花たちが墓石の替わりですので、冷たい石より幾分かは癒されるのではないでしょうか。

    自然葬をしてくれるお寺は実は東京都内にとても多いのです。都心に御住まいだった多くの方が、最後は自然に還りたいと望まれるようです。

    もちろん東京都下にも沢山の自然葬の取り扱いをしているお寺もあります。
    こちらは都内に比べて土地が多いのでゆったりとした空間でご供養が出来るメリットがあります。

    しっかりとした日本経済新聞情報を調べられるこのサイトはオススメです。

    散骨は海や山、川などこちらも故人の生前の意志に基づいておこなわれますが、海ですとほとんどの地域で散骨が可能です。
    山など個人の所有物である場合は無理ですが、出来る場所もあるようです。


    宇宙葬になると少しお話は変わって来てNASAが打ち上げるものなので高価ですし、成層圏、それ以上、月まで、無限とコースもありそれによって値段も変わってきます。


    いづれも自然に還るという目的の元に行われる葬儀の種類です。