• 樹木葬を考えてみませんか

    お葬式のあとで、考えなければいけない問題のひとつにお墓があります。
    ここ数年、樹木葬が話題になってきています。
    実際、どのようなものなのでしょうか。

    livedoorニュース関連情報を紹介しています。

    樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標とするお墓のことです。樹木墓地、樹林墓地とも言われています。



    樹木葬は、法律による許可を得た霊園に遺骨を埋葬するもので、散骨とはことなります。



    シンボルとなる樹木の周りの区画に遺骨を埋葬する方法ともあれば、埋葬のたびに新しい樹木を植える方式もあります。

    墓碑としての樹木は、ハナミズキ、サルスベリ、エゾアジサイなどおまり大きくならない木で周囲の生態系に配慮した植物が一般的ですが、桜のように日本人にはなじみがあり人気のある木が用いられるところも多いです。

    近年は、少子化で墓の後継者がおらず、墓守をどうするかという問題を抱える家族もいます。


    そのため、お墓を作ることを躊躇する人もいます。

    そのような場合、選択肢の一つとして考えることができます。またもうひとつの魅力は、その費用の安さです。


    一般的な墓石でお墓を作るとなると150万円前後かかるといわれていますが、樹木葬ならば管理費を含めても50万円前後がメインの価格帯です。
    あとに残る家族の負担を考えると、価格の優しさはたいへんにありがたいものです。
    もちろん、ほかにも埋葬方法はあり、家族と話し合って決めることができます。しかし、お気に入りの樹木と花の下で眠ることができるなら、樹木葬はロマンティックでもあり魅かれる埋葬方法と言えます。