• 自然葬の魅力と注意点

    • 日本では遺体を火葬して遺骨を回収し、骨壺などの容器に入れて墓地や納骨堂に納めます。

      この方法で埋葬すると、遺骨はずっと骨壺の中で保存されます。

      マイナビニュースをさらに詳しく調べてみませんか。

      近年は、遺骨を保存せずに自然界に還す自然葬も行われています。

      自然葬(自然界に埋葬)は大きく分けて2種類の方法があります。


      一つ目は、遺骨を砕いてから野山や海洋などに撒く散骨します。


      二つ目の方法は、微生物によって分解されるような布袋に入れた遺骨を土に埋めて、墓標の代わりに樹木を植える方法(樹木葬)です。
      樹木葬は墓地として登録された場所に埋葬します。野山などに散骨するためには地権者の許可が必要ですが、現実には日本で野山に散骨を行うのは困難です。



      このため、日本では地権者の許可を必要としない海洋への散骨(海洋葬)が行われています。


      海洋葬は遺骨を海に散骨するので埋葬料が不要ですが、沿岸や船舶の航路上で散骨することができないので船で沖合まで出る必要があります。



      フェリーや遊覧船上から勝手に散骨することはできません。

      そのため、海洋葬を専門にする業者が存在します。
      海洋葬の業者を利用する場合には、遺族が船をチャーターするか、他の家族と一緒に船で沖合に出て散骨を行います。
      僧侶に同伴してもらい、散骨時にお経をあげてもらうこともできます。

      遺族が同伴せずに、業者に海洋散骨を依頼する方法もあります。樹木葬も自然葬の方法として人気を集めています。樹木葬は1体ごとに1本の樹木を植える方法と、他の遺骨と一緒にまとめて埋葬する方法があります。


      いずれにせよ樹木葬は墓地に埋葬を行うので埋葬料が必要ですが、1体あたり50万円前後と費用が安く、維持管理料が要らないので安上がりです。


      自然葬の最大の魅力は埋葬費用が安く、墓地を管理する必要もないので都市部を中心に人気を集めています。自然葬で散骨を行う場合には人骨であることが判別できないように粉砕し、マナーを守って行う必要があります。


  • 文化の秘密

    • 自然葬の意味とメリット

      自然葬とは、樹木葬やハーブなどの草花の下に埋める樹木葬の一種や海や山、宇宙への散骨など、墓石を建てずに死者を弔う方法です。火葬をするところまでは義務付けられていますので、昔のように土葬にすることはできませんが、故人の生前の意志で選択することのできる葬儀です。...

  • 関連情報

    • 古来より日本の各地で行われていた自然葬

      自然葬は、仏教が伝来して来るまで古代日本では一般的に行われており、高貴な方が亡くなると殯の宮が建築され宮の中で長期間にわたり遺体が腐敗及び白骨化するまで仮安置され、その後墳墓に埋葬される形で行われ、840年頃には第53代淳和天皇が、天皇として唯一散骨で葬送されています。平安時代の京の都では、洛外に当たる嵐山の北の化野や東山の鳥野辺、船岡山の北西一帯の蓮台野に庶民の遺体を運び、風葬や鳥葬などの自然葬で葬送していたとされています。...

  • 専門知識・文化の重要知識